Mental Express
商品の特徴 商品のご紹介 気づきの重要性 現状の問題 監修者 リンク
監修者 坂本博子先生
* 現代社会へのメッセージ
近年、社会の近代化に伴い、情報化や管理化などが進むにつれ、年齢・性別を問わず、職場、家庭、学校などでさまざまなストレスが増加し、心のケアを必要とする人が増えてきました。「リストラ」「いじめ」「児童虐待」「ひきこもり」「うつ病」「自殺」など、精神や心の問題に関する事件や話題が毎日のようにマスコミで取り上げられ、現代人の精神衛生環境はまさに危機的状況といえるでしょう。いまやメンタルヘルス(心の健康)の問題は誰にでも起こりうること!他人事ではありません。
  心の健康が損なわれることによる労働力の損失は大きなものです。そこで、組織や地域の中で、積極的なメンタルヘルスケア対策が非常に重要な課題として注目されるようになってきました。
  メンタルヘルスはストレスと密接な関係があります。過剰なストレスは適切な対処をせずに放置すれば、心身に不調をもたらし、身体疾患のみならず精神的な疾患を引き起こすことになります。したがって、予防することや症状による苦痛が大きくなる前の早期発見、早期治療が大切です。そのためには、ストレスの気づき方やその対処方法を正しく理解し、今までの生活習慣や心の持ち方を見直す必要があるでしょう。
心の健康づくりはストレスに気づき、これに対処することの必要性を認識することが重要なのです。
  「健康」とは肉体的にも、精神的にも、社会的にも調和のとれた状態をいいます。現代社会で快適な生活を送るためには、一人ひとりが身体の健康だけでなく、心の健康についても感心を持ち、考えていくことが必要なのではないでしょうか。
 
* プロフィール
坂本博子先生 医療法人社団 すずき病院理事長・日本医科大学客員准教授
精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医
日本精神神経学会精神科指導医
日本総合病院精神医学会認定専門医
日本総合病院精神医学会指導医
日本医師会認定産業医
精神保健判定医
 
【略 歴】
1986年3月 北里大学医学部卒業
1986年6月 日本医科大学精神医学教室入局
1997年11月 日本医科大学精神医学教室 講師
2007年4月 医療法人社団 すずき病院 理事長
2007年9月 日本医科大学精神医学教室 客員准教授

【主な臨床経験及び業績(臨床における専門分野など)】
臨床精神医学
職場のメンタルヘルス
難治性うつ病に対するmodifide electoconvulsive therapy の適用
コンサルテーション・リエゾン精神医学